女の人

わきが治療で匂いの元を断つ|体にあった施術法を選ぼう

汗を止める手術

脇

運動したわけでもないのに大量の汗をかく多汗症は、精神的ストレスが主な原因と言われています。多汗症の患者は、緊張しているとき以外に、家でリラックスしているときにも大量の汗をかいてしまうのです。不安や精神的ストレスで副交感神経が過敏になり、汗をかきますが、中にはストレス以外の原因で多汗症になる場合があります。それがホルモンバランスの乱れです。ホルモンバランスが崩れることで交感神経のコントロールが上手く行かずに多汗症を発症します。
多汗症は、外科的な手術で改善する場合がほとんどです。その手術も、基本的にメスを使わない方法で行なわれているので、体に傷跡が付く心配もありません。多汗症で行なわれる手術は注射による方法です。汗腺の働きを抑制する成分を、多汗症の症状が出ている部位に直接注射して治療します。この手術法による効果は約三ヶ月程度で、定期的に病院に通う必要があります。しかし施術時間が十五分程度しかかからないので、スキマ時間で手軽に治療することができます。また、副作用も殆ど無いので安心して施術を受けられます。多汗症の手術は、脇の下以外は保険適用外なので、治療費は全額自己負担になります。症状の進行度合いによって変わりますが、安い場合は五万円程度ですみます。多汗症の手術は注射以外にもあります。手のひらや足の裏など部位によって方法は様々ですが、注射による手術よりも格段に汗を止める効果があります。場合によっては、日帰りで手術が終わることもあるのです。